11月19日、先日基礎の鉄筋が設置完了になり、瑕疵担保保険会社による「基礎配筋検査」を行いました。

基礎配筋検査は基礎の内部に設置してある鉄筋が図面通りに正しく設置されているか、また施工不良が無いかを確認するための検査です。


この検査を問題なくクリアしないと、後々に問題が発生した際に保険が適応できなくなってしまい、修繕費は自費になってしまう可能性が出てしまいます。

なのでこの検査はとても重要な検査なのです!!

検査結果はもちろん合格!

基礎の業者様がいつも丁寧に施工してくれているおかげで、当社の検査はいつも問題なく完了します。

午後からはこの鉄筋部分にベタ基礎のベースになるコンクリートを流し込んで本日の工事は完了です!

このベースコンクリートが乾いたら次の作業に入ります。

(Visited 28 times, 1 visits today)