静岡県焼津市で新築住宅・一戸建・建売り住宅・売土地・賃貸をお探しなら不動産【有限会社 アイ・ランド】

ご予算について

  • HOME »
  • ご予算について

real_estate_main

ご予算について

ハウスメーカーを回ってきたお客様が見えると、ほとんどの方が「1,000万円くらいの土地はありますか?」と言われます。
こういったお客様は、建物の規模で3?4LDK、延べ床面積にして33?35坪あれば建築できるような方たちです。
「ご予算はおいくらくらいですか?」と尋ねると、総額で3,200万円くらいを見ているのです。

当社で考えてみると、建物の規模33坪に対し1坪当り47万円で計算し、1,550万円になります。消費税をプラスしても1,630万円です。3,200万円の総額で諸費用(約200万円)を差し引いた3,000万円に対して、土地1,000万円というのは、総額に対してのバランスがあまりにも悪いのではないでしようか。

大手ハウスメーカー主導の場合

建物の予算を先に決めてしまうため、建物が大きく土地が小さくなることが多いです。

side_blog

理想的な考え方

当社の考え方であれば、建物と土地の大きさが均等になります。

budget_ex2

部屋数は最低必要な数だけは確保しなくてはなりませんが、土地も価格はもとより、坪数・日当たり・買い物の便・通学の便・環境等、住むためには大切な条件がたくさんあります。当社に来るほとんどのお客様は、予算総額が最初から決まっています。
そこから諸費用約200万円を差し引き、希望する土地の条件(地域・広さ)をある程度絞り込み、その条件(地域・広さ)で土地を探す。
建築業者・建物の規模・仕様を相談した上で総額に収まるかを計算し、オーバーするようなら土地・建物双方の条件をもう一度検討してみれば良いのではないでしょうか。

マイホームというのは「土地」「建物」両方あって初めて完成するものです。
総額が決まっている中で、一方の予算を減らし、もう一方にだけ重きを置くという考え方はいかがなものかと思います。どうしても取り入れたいというこだわりがあるのであれば、総額を増やす等の努力をすればよいのです。
以上、予算のバランスを十分考えながら計画を練ってくれる業者が、本当にお客様のことを考えてくれている業者だと私は考えます。

 

「借入れ限度額」と「適正な借入額」の違い

budget_pic01土地を購入する際には、必ず“売り手”と“買い手”が存在します。
こんな不景気な時代ですから金額交渉をするのは当然だと思います。しかし、売り手側にもそれぞれ売却するには理由があります。
それと同時に、土地には近隣の相場というものがあります。
その相場を無視して「気に入ったから叩いて買ってやろう」などということを口にするお客様がたまに来店します。そんなお客様には当社ではご遠慮いただきます。
金額交渉というのは“売り手と買い手”双方が納得したうえで決まります。

最後は「お客様の借入れ限度額まではあと200万円ほど余裕ありますから借入れは大丈夫ですよ!」なんてことを言われると、毎月の返済を7万円台で抑えたかったのが8万円になり、8.5万円になってしまい、この段階では夢が膨らんでいるために「まあ、なんとかなるか」と気が大きくなってしまうのです。

これが建築の追加(オプション)が発生してしまう原因で、その結果、築3年ほどの築浅中古住宅が売りに出てくるわけです。

年に1度は家族でディズニーランドヘ

budget_pic021~2年は夢のマイホームを手に入れたことで、一生懸命返済していくのですが、3年もするとその生活に慣れて当たり前になります。
そのとき、マイホームを購入したことで自分の生活が窮屈になっていることに初めて気付き「何のために働いているのか?」と重荷になってしまった住宅を売却しようという事になってしまうのです。
当社のお客様は若い方が多く、「頭金がほとんど無いのですが大丈夫ですか?」という方々のため、追加料金が発生しないよう、本当に必要とするもの以外はなるべく止めるようアドバイスしています。

資金面で余裕のある方以外は「本当にこれが必要なのか?」と冷静に考え直す余裕を持ち続けていて欲しいと思います。
そして当社では『年に一度は家族でディズニーランドに行けるだけの余裕を残してマイホームを購入してください。』と言っています。

top_bnr_contact




PAGETOP

Copyright © 2017 有限会社アイ・ランド. All Rights Reserved.